化粧合板製造加工専門

ツキ板貼り 象嵌貼り技術

樹種の色の違いによる模様作りの技術

様々な色調の木材をはめあわせて絵の板を作り、それをカンナで薄く削り、和紙に貼り付けたものは、いわゆる「寄木細工」の技法のひとつで、木象嵌(もくぞうがん)と呼ばれる。

resize0012  resize0015 resize0013
resize0014
t-1.05 t-1.06

 

象嵌貼り加工での特長とポイントは・・・

デザイン下絵に対しての、ツキ板樹種の色構成と決め細やかな切断と貼りこみ作業を熟練の職人が行います。
 
 


 

取扱い組合員企業

※社名をクリックすると各企業の紹介をご覧いただけます。(社名に下線のある企業のみ)
※☆マークをクリックすると各企業のホームページへ移動します。

会員社名 代表者名 住所 HP E-mail
(有)三輝ツキ板工業 田中 明 福岡県大川市酒見1161-2 sanki-tukiita@iaa.itkeeper.ne.jp
東洋突板工芸(株) 大関 一宏 福岡県大川市向島960-1 info@toyotsukiita.jp
(有)トマト 池末 和海 福岡県大川市向島1766 k-tomato@kumin.ne.jp
松本合板 松本 勝寛 福岡県大川市酒見660-5 goban@youbokumin.com